植田屋による花火演出・空間演出

植田屋演出の特徴



特殊効果花火

■手筒花火を主体とした空間演出

植田屋の演出は、手筒花火を主体としその他の花火や演出を複合させた空間演出です。

  • ●主に使用される花火
  • ・手筒花火
  • ・特殊効果花火
  • ・小型花火(小型煙火・中国花火)
  • ・打上花火
  • ●その他の演出
  • ・照明効果
  • ・レーザー光線演出
  • ・音響
  • ・プロ奏者とのコラボ
手筒花火を順番に揚げる演出を提供している団体様は弊社以外にも御座いますが、様々な演出と重ね合わせ、連続した手筒演出で一本のストーリーとしてご提供しているのは知る限り弊社しかございません。
この「手筒を主体とした複合空間演出」が植田屋の特徴です。

■お客様に最適なプランをご提案

  • 演出プログラム

  • ・演出にかける時間
  • ・お客様のご要望
  • ・予算
  • ・法的に会場で消費可能な花火の種類
などからお客様ごとに最適なプログラムをご提案させていただきます。



植田屋演出によるお客さまメリット



■植田屋演出によるお客さまメリット

イベントの目的はお客さまごとに異なりますが、高い費用対効果を期待するのは共通ではないでしょうか。 弊社の演出は下記のようなお客さまに特にメリットがございます。

■打上花火の経費維持が厳しくなったお客さま

全国的に花火イベントの経費は主催者もしくは協賛者が負担し、来場者・観客は無料というのが一般です。 昨今の経済事情により協賛金は減るばかり。何とかコストを抑えようと、花火を減らしレーザー光線などを導入してみたがチンドン屋みたいで何か違う・・・ このような話しが少なくありません。
観客の方々は各地の花火で非常に目が肥えています。
コスト減の影響を敏感に感じ取り、容赦なくシビアな声をぶつけてきます。
このような状況のお客さま、ぜひ弊社へご相談ください。
弊社の演出は手筒花火を主体とした演出ですので、従来の打上花火とは全く異なります。コストを抑えながら観客に質を落とした印象を与えず、むしろ新しい演出に満足いただけます。

■花火イベントがマンネリ化したお客さま

上記の繰り返しになりますが、観客は打上花火に対し非常に目が肥えています。打上花火でコストを下げながら観客を満足させるのは容易ではありません。また多少の経費増では来場者の大幅アップも見込めません。費用対効果は低いと言えます。 対して手筒花火の場合、テレビなどで全国的に認知度が高いのですが、大半の方が見たことがありません。多くの方が興味を示す花火ですので、高い費用対効果が期待できます。

■観客に会場までしっかりと足を運んで欲しいお客さま

弊社の演出は、学校のグラウンド、野球グラウンドやサッカーグラウンドのようなスペースで行ないます。 打上花火と比較し観覧するエリアが狭いので、会場まで足を運ばなければなりません。 これはデメリットとなる場合もるかもしれません。が、多くのイベントは「会場に足を運んでいただく」のが目的のはずです。打上花火を遠く離れた場所から観覧していただき多くの方々にご満足いただいたとして、それは本来の目的ではない場合が多いのではないでしょうか。 弊社演出により会場まで足を運んでいただく。
これはイベント主催者さまにとって大きなメリットだと考えます。

■会場が狭く花火イベントができないお客さま

打上花火は非常に広いスペースを必要とします。
新しい建物が建ったり、行政が厳しくなったりなど、従来可能だった打上花火ができなくなってしまう例もよくあります。
そのようなお客さま、元より花火イベントなんかできないと思っていたお客さま。弊社イベントは打上花火ほどのスペースを必要としません。諦める前に弊社にご相談ください。